香港の老舗洋食店でステーキを食らう!~森美餐廳@西營盤

香港に行ったら絶対ステーキが食べたい!

と夫が言いました。
10年前に夫と香港に行ったとき、私が香港時代によく利用した『花園餐廳』に連れて行ってTボーンステーキを食べた夫。あのボリュームとコスパのよさに感動し、「綺麗なお店じゃなくてローカルなところでステーキが食べたいんだ!」とリクエストしてきました。

そのとき夫が食べたTボーンステーキ。2枚ある。これとスープとパンとドリンクセットで100HKDくらいでした(ランチタイム)

同じ『花園餐廳』に連れて行っても良かったんだけど、私たちが予定していた行動範囲内に支店がなく、せっかくだから違ったお店で食べてみたい!
ということで、私が提案したのは西營盤にある【森美餐廳(Sammys Kitchen)】でした。

森美餐廳ってどんなお店?

牛のマークの【森美餐廳】。西營盤では半世紀も営業している老舗の洋食店です。ランチタイムはリーズナブルにステーキセットなどを食べることが出来ますが、牛テールや羊などを使ったメニューもあります。右にあるネオンは昨年、NHKで放送された香港のネオン職人さんが作ったものです。

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/2326/2681201/index.html

実は2015年まで、お店にはこの牛のネオンサインが掲げられていました。タイミングよく2015年7月に訪問したときに撮影できた牛ちゃん看板。この1ヵ月後に撤去されてしまいました。この看板は西九龍に昨年オープンした美術館に飾られるということだったけど、どうなっているんだろう。早く確認しに行きたい。

店内は日本で言う昭和を感じるようなちょっとレトロな洋食店という感じ。店内にはお店に訪れたことのある有名人の写真がたくさん飾ってありました。

写真、ブレてますが、イーキンもアーロンも来た事があるのねぇ!!!

メニューは英語と広東語のみ。写真はありません。ランチはセットになっています。
夫は『黒椒汁牛扒(ペッパーソースのビーフステーキ)』85HKD、私は『洋葱豬扒(オニオンポークチョップ)』80HKDにしました。
ランチセットなのでスープとドリンク、付け合せが選べます。

香港のこういうお店で出てくるパン、大好き!甘くて美味しいの。バターロールとは違うし日本ではありそうでないよね?マーガリンじゃなくてちゃんとバターが出てくるのも嬉しい。

スープは「羅宋湯(香港式ボルシチ)」にしました。羅宋湯大好きなんですが、ちょっとここのは私の口には合わなかったかな。
本国のボルシチはビーツで作りますが、香港のボルシチはトマトで作ります。

夫がオーダーした『黒椒汁牛扒(ペッパーソースのビーフステーキ)』。結構肉厚のステーキ2枚乗ってます。付け合せは意粉(パスタ)にして、パスタにもこのペッパーソース絡めて食べていました。肉、柔らかくて美味しいって!私も牛扒にするべきだったか???

私がオーダーした『洋葱豬扒(オニオンポークチョップ)』。こちらの肉厚な豬ちゃん2枚。私の付け合せはポテトと野菜。オニオンソースがちょっと甘めで美味しかった。

ドリンクは夫・熱咖啡、私・熱奶茶にしました。写真残ってないしwww。

実は閉店予定だった!

実はこのお店、2017年に一度閉店するというニュースが流れました。
2015年にここの看板を撮ったときは通りがかっただけなので、次に絶対来たいと思っていたのでかなりショックでしたが、閉店予定日の少し前に急展開で営業継続することに。
ということで5年がかりでやっと来ることが出来たお店です。
なんだろう・・・特別すごく美味しいってわけでもないのだけど、ちょっとホッとするというか、いつまでもこの西營盤で営業を続けて欲しいなと思います。

 

【森美餐廳(Sammys Kitchen)】
住所:西環西營盤皇后大道西204-206號地下
(G/F, 204-206 Queen’s Road West, Sai Ying Pun, Western District)
営業時間:11:00-23:00