茶餐廰メニューde広東語①〜朝食セットをオーダーしよう!

東京でもブームを巻き起こしている、香港のローカルな定食屋【茶餐廰】
広東語しか通じない、広東語メニューしかないのでビギナーさんにはいささかハードルが高いことも多いのですが、最近は写真付きで英語が書かれているメニューを置いている小奇麗な茶餐廰が多いのも確か。ガイドブックなどでも丁寧に料理を説明してくれてるものもあって、誰でも気軽に楽しめつつあります。

でも・・・私たち香港迷はそんな小奇麗な茶餐廰ではなく、年季が入っているお店で広東語オンリーの世界に満足感と達成感を感じるのであります(笑)。
香港のローカルフードを満喫するならば『茶餐廰を攻略するならメニューを読めるようになるべし!』 です。
広東語が出来なくてもいいから、とりあえずメニューの漢字を理解出来れば、より一層楽しめます。
実は管理人、香港駐在中は今ほど広東語を理解していなかったので茶餐廰を満喫したことがほとんどなかったのです(もったいないー!)

1回では伝えきれないので、何度かに分けて「知っておくとお得な茶餐廰メニューの広東語」をご紹介しますが、初回の今日は茶餐廰で朝食セットをオーダーする!
指差しだけでオーダーするより難しいですが、香港人と同じものが食べたい!そんな欲望を満たしましょうよ〜。

その①茶餐廰にはセットメニューが1日中ある!

朝は「早餐」、ランチは「午餐」、午後のティーセットは「下午餐」、1日中やってるセットは「常餐」とか、すぐ出るものは「快餐」とか。大体時間で分かれています(お店によって表記は違いますが)。
もちろん、アラカルトでオーダーしてもいいですが、セットメニューのほうがお得。

その②出てくるお茶orお水は飲まない!

茶餐廰の暗黙のルール、出されるお茶は食器洗浄用です。飲んでも身体に害があるわけではありませんが、昔、不衛生だった時代の名残でそのままカップにフォークや箸を突っ込んで洗浄し、Tempoティッシュで拭くのが香港流です。

その③相席なんて当たり前!ゆっくりくつろごうとしてはダメ!

のんびりゆっくり食事をしたい人には茶餐廰は不向きです。4人掛けテーブルでの相席は当たり前!食べたお皿はどんどん片付けられる!そして食べたらさっさと出る!それが茶餐廰!

Kaori
Kaori

セットメニューの仕組みを覚えましょう!


*朝食セットメニューを参考に解説します*

左の写真は牛乳プリンで有名な「義順」の朝食セットです。セットは2種類。「早餐A」と「早餐B」。

早餐Aの内容は
火腿通粉(ハム入りマカロニスープ)
腸仔雙蛋(腸仔/ソーセージと雙蛋/目玉焼き2つ)
牛油方飽(バタートースト)
咖啡或茶(コーヒーまたは紅茶)
「凍飲加一元改鮮奶加五元」は(冷たい飲み物はプラス1HKD、フレッシュ牛乳はプラス5HKD追加になります)
早餐Bの内容は
炸菜雞絲米(ザーサイと鶏肉の細切り入りビーフン)
餐肉雙蛋(餐肉/ランチョンミートと雙蛋/目玉焼き2つ)
牛油方飽(バタートースト)
咖啡或茶(コーヒーまたは紅茶)

茶餐廰の朝食セットメニューは大体、汁物(マカロニスープとか麺類)+たまご&トースト&ハム類+ドリンクが定番です。香港人は朝からガッツリ食べるんです。

①知っておくと便利な茶餐廳メニューの広東語

火腿(ハム)、腸仔(ソーセージ)、餐肉(ランチョンミート)、煙肉(ベーコン)、咸牛肉(コンビーフ)、奄列(オムレツ)、芝士(チーズ)、牛油(バター)、多士(トースト)、西多士(フレンチトースト)、三文治(サンドイッチ)、豬仔包(フランスパン)、(雞絲(鶏肉の細切り)、雪菜肉絲(高菜のようなものと豚肉の細切り)、沙嗲牛肉(サテ味の牛肉)、五香肉丁(ピリ辛豚肉)、沙律(サラダ)

②知っておくべきたまごの裏技

たまごの調理法についてメニューには書いてませんが、大きく分けたらこの二つ。
目玉焼きは「煎蛋(ジンダン)」、スクランブルエッグは「炒蛋(チャウダン)」
この「煎蛋」は両面を焼いた目玉焼きです(一応半熟)。私は必ず「炒蛋」ですねー。

③知っておくべき麺類の裏技

セットの麺類が選べる場合、具材だけでなく麺の種類が選べることも多いです。
例えば通常の「麺」と「米粉(ビーフン)」、「通粉(マカロニ)」、「意粉(スパゲッティ)」、「伊麺(少し平たい麺)」、そしてインスタント麺の「出前一丁/公仔麺」などがあります。

③冷たい飲み物は追加料金がかかる

どこの茶餐廰でもそうですが、冷たい飲み物にすると1〜2HKDほど追加されます。

④メニューにある意味を知りたい広東語

メニュー内に「加」と金額が書かれていたら、追加料金のこと。サンドイッチ類のところに「烘底加1元」と書かれていたら、サンドイッチのパンを焼く場合は1HKD追加料金がかかりますの意味。
「或」という文字は「咖啡或茶」という言い方でよく使われますが、字のとおり「または、あるいは」の意味です。
あと、「外売(オイマイ)」とメニューの上や下に書いてあったら、テイクアウト可能ですよという意味です。香港の茶餐廳では大体飲み物も食べ物もテイクアウトできるものが多いので、持ち帰りたい場合は「可唔可以外売?(ホンホーイーオイマイ?)」と聞いてみるといいですよ!

いかがでしょう。
これで少し「茶餐廰で早餐を食べてみようかな?」と思っていただけたら嬉しいです。
もちろんもっと細かいこともたくさんありますが、これだけ把握していればモウマンタイだと思います。
茶餐廰メニューシリーズは第2弾もやりますよー!お楽しみに!!!