5年間も開催しているブルース・リー展~香港文化博物館@沙田 *2020年7月まで*

一昨年の年7月20日から沙田の『香港文化博物館』で開催されているブルース・リー展【武‧藝‧人生 – 李小龍】
なんともありがたい展示会で、2013年から5年間も開催されるのです!ということは、2018年7月20日まで!今すぐ香港に行けなくても、来年でも再来年でもまだまだ間に合う展示は嬉しいですね。
*2020年7月20日までの延長が決まりました*

私もついにやっと行って来ました。

『香港文化博物館』は以前もこちらでオススメしましたが、入場料がなんと10HKD。水曜日はさらに無料と、この物価高&円安で財布の紐がきつい日本人にとってはありがたい料金!
香港は博物館は日本よりも入場料が安くていいですよね。ここの博物館も10HKDとは思えないほどの充実振りです。

博物館でより一層香港を知る!~香港文化博物館@沙田
先日ちょろっとご紹介したのですが「是非行ってみたい」「どんなとこ?」とご要望があったので、ちょっと掘り下げてご紹介します。【香港文化博物館】は中心地からちょっと離れた「沙田(シャーティン)」という郊外にあります。離れたといっても、MTR九龍塘で東鉄線(旧KCR)に乗り換えたら2つめなので、さほど遠くはないですけどね!こちらの博物館はとにかく巨大!主に広東オペラと新界地区の文化に触れた展示物が...

残念ながら、展示館内は写真撮影は一切禁止です。いやー、でもねー、貴重なものが多くてねー、ゆっくり見てたらどんだけかかるんだーって感じです。
ちなみに・・・耳寄り情報。こちらの展示は定期的に展示の一部を変えているそうです。
なので、開催期間の5年間の間に、1度行ったからいいや・・・なのはもったいない!毎年香港に行かれる香港迷さんには、毎回行くことをオススメします。
ちなみに私が訪れたのは7/3(金)ですが、先々週末に展示品の一部が入れ替わったそうで、既に私が行ったときより新しい展示品が増えてるみたいなのです。

『香港文化博物館』入り口に設置されているブルース・リー像。尖沙咀の『アベニュー・オブ・スターズ』にあるブルース・リー像とはまた違って素敵!しかも大きいですー!

スマホユーザーの方は是非「武藝人生」のアプリをダウンロードすることをオススメします!ブルース・リーと一緒に写真撮影できるアプリです!展示会場前にも説明書があります!
『武‧藝‧人生―李小龍』アプリ(無料)
iTuneshttps://itunes.apple.com/hk/app/bruce-lee-kung-fu-art-life/id667811781?l=zh&mt=8
GooglePlayhttps://play.google.com/store/apps/details?id=com.lcsd.hkhmapp.ble.brucelee&hl=zh_HK

GFにあるお土産物屋さんにもブルース・リーグッズをたくさん扱ってますよー!

先日、お土産プレゼントとしてアップしたパンフレット。
こちらはやはり人気みたいで、通常ならば博物館入り口においてあるパンフレット置き場にあるはずなのですが、どこを探してもない!!!
インフォメーションで「ブルース・リーのパンフレット頂戴」と言えばもらえます。もちろん無料です。

さて、『香港文化博物館』の行き方ですが、最寄り駅はMTR沙田駅とMTR車公廟駅と両方があります。ちょうど間に挟まれているような感じでどっちが近いのかなと。
車公廟駅押しのサイトも多いのですが、ちょっぴり検証してみました。

①沙田駅(行きはこちらから行ってみた)
沙田駅までバスで行ったのですが、駅東側のショッピングモール「New Town Plaza(新城市広場)」を経由してビルの中を涼みながら博物館方面へ。「新城市広場Ⅲ期」を経由して「Hilton Plaza(希爾頓中心)」から屋外に出て徒歩で5分。
この行き方は初めての人にはオススメしません。
というのはまず、駅から3つくらいのショッピングモールをはしごして行くのですが、方向が分からないと全く分からない。私もなんとなくの土地勘で行きましたがそれでも迷いました。詳しく「こっちが博物館だよ」と書かれてないんですよ。Google Mapの位置情報を頼りに行きましたが、途中、2回くらい店員さんに聞いて何とか行けた感じ。
行き方が分かってる人だったら、少し遠いけど涼みながらスイスイ行けるのでいいでしょうね。

②車公廟駅(帰りはこちらから帰ってみた)
最寄り駅をこっち押ししているサイトが多いのは納得しました。
博物館の裏手を出て、川に沿って西に進むと、人と自転車が通れる細い橋があります。それを渡ったら「こっちがMTR駅だよ」の表示が出ています。
というか、橋を渡って左側に大きなマンションがあるのですが、その隣の建物が車公廟駅。
メチャクチャ近かったわ!

でも車公廟駅付近にはショップも何もありません。
沙田駅は大きなベッドタウンの駅なので駅ビルも大きいしショップもレストランもたくさんあります。
ちょっと食事してから行きたいならば、沙田駅からでもいいかなと思いました。

【香港文化博物館】
住所:香港沙田文林道1号
(1 Man Lam Road, Sha Tin, Hong Kong)
行き方:MTR沙田駅またはMTR車公廟にて下車、徒歩10分
営業時間:10:00-18:00(週末は19:00まで
料金:無料(2016年より無償化されました)
休館日:火曜日、旧正月三が日
公式サイト:http://www.heritagemuseum.gov.hk/zh_TW/web/hm/highlights.html