湾仔と銅鑼灣の狭間の街市~鵝頸街市@湾仔

街市大好き!!香港庶民の生活を見るには街市に行くといいです。売られている食材やフードコート。エリアごとに雰囲気も違って大好きです。
【鵝頸街市(Bowrington Road Market)】はいつも近くは通っていたけど、実際に行ってみたのは初めてです。近くで働いていたのにねぇ。

珍しく2つの建物から成り立っている街市。道路を挟んで連絡通路で繋がっています。こういう造りはなかなか見ませんね。

まずは北側にある北座のGFに入ってみました。お豆腐屋さんにて。卵もある。生根もある。ザーサイもある。昔、太古の街市でザーサイ買ったの、思い出すなぁ。

街市は食品を取り扱うお店だけではありません。仏具屋さんもあります。お線香はもちろん、香港ではお葬式のときにあの世に行っても困らないよう、生活用品を紙で作って燃やすという風習があります。紙で作られた車や時計、最近だとスマホやタブレットなどもあって面白いのです。買ってみたいけど外国人が興味本位で買っては罰が当たりそうでずっと躊躇しています・・・。

旅行者は買えないけど、見るだけでも楽しい八百屋さん。香港に住んでいたときは八百屋はお世話になりました。

さて、上に上がってみましょう。

1F(日本では2F)には食料品を扱うお店がたくさんありました。何か面白そうなもの、あるかな?

銅鑼灣にはシーク教寺院やヒンディー教寺院(跑馬地)がある影響か、ちょっとインドや中東系の人が多い気がします。街市でもインド系のスパイスやお菓子などが売られてて、あまり他の街市で見かけないものがたくさんありました。こういうのが面白いんだよなー。
写真にはないけど、街市付近にもスパイスのお店がいくつかありました。

美味しそうな海老せんべい。買おうかどうしようか悩んだ挙句、今回は大きな荷物がおおかったので断念。買ってすぐ食べちゃえばいいんだけどねw

午後の落ち着いた時間だったけど、ここの八百屋は賑わっていた感。こういうところでも、取り扱っているものがいいお店とかあるのだろうか?

さて、連絡通路を渡って南側にある街市に行ってみます。

ここには熟食中心(フードコート)が入っていました。ランチタイム外して行ってもこの賑わい!香港では有名な上半身裸のオジサマが右におりますww。

オバアチャマの仲良しコンビが美味しそうにランチをしていました。「写真撮っていい?」と身振り手振りで伝えたら、黒いシャツのおばあちゃんがOK出してくれたのでパシャリ。手前のおばあちゃんは車椅子ですが、それでもこの狭い動きにくいフードコートに来るということは、余程美味しいお店なのか、お気に入りなのか。とにかく香港のシニアは元気です!

本当は行きたいお店があったのだけど、タイミングが合わなくて今回は断念。次回のリベンジにします。

いくつかお店が入っていますが、テーブルも特に決まっておらず、テーブルにメニューもなく。なんか自由な感じ。ここのフードコート、いいな。広すぎず狭すぎない大きさがいい感じでした。

【鵝頸街市】の建物の外にもたくさんのお店が並んでいます。この辺一帯が街市!たくさんの人で賑わっていました。どれだけ街市巡りするんだってくらい、街市好きなんですけど、ここはまた他の街市と違って雰囲気が楽しかった。

初日にここの肉屋さんで見つけた、牛のしっぽ(多分)!!!!!街市でいろんな部位を見てきましたが、切ったしっぽそのまんま見たのは初めてw

ホテルがこのすぐ裏だったので、滞在中は昼も夜もここを歩きました。夜はこんなひっそりと静まり返っています。これで午後23時頃だけど、近隣にホテルが多くて宿泊客も多いのか人通りが思ったよりもあって全然怖くなかったかな。

あー、ここ通いたいー!この辺気に入ったー!何度も通過したのに、どうして魅力を感じなかったのか、自分を責めたいww

ウンチクの街市巡り、1旅ごとに1箇所。今年もまた新たな場所に行く予定です。今のところ、【鵝頸街市】はお気に入りベスト3に入ってますー。