1975年の香港が舞台のハリウッド映画~『ダイナマイト諜報機関/クレオパトラ カジノ征服』

香港が舞台となる1975年のハリウッド映画。【ダイナマイト諜報機関/クレオパトラ カジノ征服】を観ましたー!
この映画は1973年に製作された【ダイナマイト諜報機関/クレオパトラ危機突破】の続編。
身長188cmのブラックビューティ、特命麻薬調査官のクレオパトラ・ジョーンズが香港の巨大麻薬組織と戦うアクション映画です。

主演のクレオパトラ・ジョーンズこと「クレオ」を演じるのはタマラ・ドブソン。1970年代に活躍したファッションモデルでもあるタマラは劇中でもとにかくファッショナブル!!

特命麻薬調査官のはずですが、そんなのどうでもいい感じでとにかく目立つ!188cmの長身のファッショナブルな黒人女性が1970年代の香港の街中で、埋もれるわけがない。目立ちまくりです(笑)。それにしても本当にデカイ!!

香港でクレオの相棒となるミリンことタニー。「探偵」っぽい稼業をしているようにみえるけど、実は香港警察なんです。彼女も結構オシャレですが、クレオと一緒だとかすんで見えます(笑)。

1975年の中環・スターフェリー乗り場付近です。今もある建物はどれだけあるかなぁ・・・。

スターフェリー乗り場付近にいる人力車のオジサマ。私が住んでいた2000年頃もまだ2-3人いましたが、もう完全にいないですよね。寂しい・・・。

クレオの助手の黒人兄弟マシューとメルビン。彼らが交渉しているバックにも水上生活者の船がたくさん!ここは香港仔かな?

マシューとメルビンが誘拐されたので、クレオが協力を要請した仲間にしたミリンの仲間。この会合が行われている店が気になる!!海上レストランっぽいのですが、後ろにすぐ陸地があるので香港仔ではない。中環とかあの辺っぽい。こんなレストランがあったなんていいなー。

香港の街をベンツで繰り広げるカーアクションもなかなかです。これはどの辺りかな。

バイクアクションもなかなか。あれ?これはもしかして・・・。上環にある『文武廟』ですよ!!
上の写真は『文武廟』の横の階段をバイクで下りてます。左にチラッと『文武廟』が写ってますね。
下の写真は『文武廟』前のハリウッドロード。雰囲気も道幅も今と全く違います。

彼女が麻薬組織の女ボス、ドラゴンレディ。演じるのはステラ・スティーブンス。どこかで見た女優さんだと思いましたが、1973年の映画ポセイドン・アドベンチャーにも出演されていました。

誘拐されているのに楽しそうなマシューとメルビン。このカジノはマカオにある設定になっています。昔のカジノってこんな雰囲気のところもあったのかな?

親玉登場!!クレオに負けず、ドラゴンレディのドレスも素敵です。

クライマックスはドラゴンレディのカジノに乗り込んで来たクレオとミリン。クレオのこのド派手なファッションにはもう頭が下がりますわ(笑)。ファッションモデルだし長身だから、本当にカッコいいんだ。

私の知らない時代の香港が舞台となった映画は、内容関係なく観ますが、それでもこの映画は痛快で楽しかったです。残念ながら、クレオ演じるタマラ・ドブソンさんは肺炎のため、59歳という若さで2006年にお亡くなりになっています。

1970年代の香港も楽しめる映画なので、是非機会があったらご鑑賞くださいね!