香港の懐かしい味!おうちで香港ゼリー!~羅拔臣(Robertsons)

先日の香港旅行で久しぶりに買った【羅拔臣(Robertsons)】のマンゴーゼリー。座談会の参加者の皆様にもお配りしました。
レシピが英語と広東語で書いてあるのですがとても文字が小さくて、老眼でなくても読みにくい・・・・・!!!ので、レシピをご紹介します。

【羅拔臣】のゼリー粉は日本で言う「ゼリエース」のような、昔懐かしい味です。決して、フレッシュマンゴーの味を求めてはいけません(笑)。駄菓子屋にあったような、そんな昭和っぽい味。
「香港製造」と書かれているのが嬉しいですね!

ここにレシピが書かれているんですが、簡潔でかつ文字が小さい!!!
解読すると・・・

①沸騰させた225ml(約1カップ)の熱湯でゼリー粉を溶かす。ゼリー粉が溶けるまでしっかり混ぜる。
②今度は225ml(約1カップ)の冷水を入れて混ぜ、型に入れて冷蔵庫でしっかり固める。
作り方は至ってシンプル。簡単です。

じゃ、私も作ってみよう!ゼリー粉はこんな色。ほんのりマンゴー風味がします。

熱湯でしっかり混ぜます。溶かすとこんな色に。なんとなくマンゴーというよりお茶のような色だわ・・・。

冷蔵庫でしっかり固めます。1時間だとまだゆるいので、3時間くらい冷やしたほうがしっかり固まると思います。

完成したゼリー。とてもマンゴーとは思えない(笑)。ちょうど、冷蔵庫に市販のマンゴーゼリーを入れていたので色合いが違いすぎて笑っちゃいました。でも味はマンゴーです。
恐らく、これにマンゴー果肉を入れたり、冷水のかわりに冷やしたエバミルクを入れたりしたら、マンゴープリンっぽくなるんじゃないかな?と思います。
まだ在庫があるのでいろいろ開発してみますね。

私はマンゴーしか買ったことがないのですが、【羅拔臣】シリーズのゼリー粉は他にもストロベリー、パイナップル、ライム、カシス、ライチ味のラインナップがあります。
他の味も試してみようかな~。ライチ、よさそうですよね!