久し振りに茶走を飲みました~發記茶餐廳@佐敦

昨夏の香港渡航にて久し振りに『茶走(チャーザウ)』を飲みました!
『茶走』とは、香港のローカル店、茶餐廳や冰室で裏メニューとして置いてある飲み物です。どんな飲み物なのか?ご紹介していきますね。

宿泊したイートンホテルの目の前にあったので、最終日の朝ごはんはこちらの【發記茶餐廳】で済ませました。観光客が多いエリアだけど観光客は1人もおらず!

左は麺や米線を使ったセットメニュー、右はサンドイッチやトーストなどのセットメニューです。
私は右から9番の「火腿煎雙蛋+油飽(ハムとたまご2つ+バタートースト)のセット」、夫は8番の「法蘭西多士(フレンチトースト)」セットです。

私の9番セット、目玉焼きにしたけどスクランブルエッグ(炒蛋)にも調整出来ます。トーストは耳なし!!!耳が好きなのに!間にバターが塗ってあります。かるーくトーストした感じでした。

はい、これが『茶走』です。メニューにはこの文字は表記されていません。
香港式ミルクティーの奶茶にコンデンスミルクを入れたもの。甘くて美味しいんです。オーダーするときに飲み物を「茶走、唔該」と言えばいいだけです。ホットしかありませんのであしからず。

底に沈んでいるコンデンスミルクがわかりますか?香港式ミルクティーはそれでなくてもエバミルク入りで美味しいのに、さらにコンデンス入りなんて甘くて美味しいに決まってる!

夫オーダーの8番セット。香港式フレンチトースト。安定の美味しさ!カロリーなんて気にしないよ!

夫は熱咖啡(ホットコーヒー)にしました。茶餐廳のコーヒーは最初からエバミルク入り。お店によっては砂糖入りです。
咖啡でもエバミルク入りの裏メニューはあります。咖啡の場合は「啡走(フェイザウ)」と言います。この場合もホットのみ。
ちなみにミルクも砂糖も要らないブラックコーヒーは「齋啡(ザイフェイ)」と言います。覚えておいてね。

KKday 現地ツアー・ローカル体験・アクティビティ - KKday
航空券と宿泊先を予約後、現地体験はKKdayに任せましょう! 【自分の旅行計画を立てましょう!】 海外ダイビングから、岩登り、料理教室、穴場スポット、日帰りツアー、チケット、貸切チャーター、空港送迎まで、現地オプショナルツアーが満載!自由に選びましょう!

特別美味しいお店とか雰囲気のあるお店とかそういうのではなく、ただ適当に入ったローカルなお店もいいな。難なく食べたいものがオーダー出来るとホッとします。
店内には私たちのように遅い朝食を食べる地元の人だけで、のんびりまったりしていました。

『茶走』『啡走』はローカル店にあり!

ご紹介した『茶走』と『啡走』はこうした茶餐廳や冰室などのローカルカフェで味わえるものです。メニュー表記はないけど基本的には絶対あると思って大丈夫です。
今回ご紹介した【發記茶餐廳】以外でももちろんいただくことが出来ますので、香港に行ったら是非チャレンジしてみてくださいね。

 

【發記茶餐廳】
住所:佐敦北海街21號
(Pak Hoi St no 21,, Jordan)
営業時間:7:30-22:00