油尖旺地区を楽しむオススメホテル~イートン香港ホテル@油麻地

KKday 現地ツアー・ご当地体験・アクティビティ
航空券と宿泊先を予約後、現地体験はKKdayに任せましょう! 【自分の旅行計画を立てましょう!】 海外ダイビングから、岩登り、料理教室、穴場スポット、日帰りツアー、チケット、貸切チャーター、空港送迎まで、現地オプショナルツアーが満載!自由に選びましょう!

Kaori
Kaori

油尖旺地区とは、尖沙咀・佐敦・油麻地・旺角エリアを指します

今回の香港ステイ先、すごく悩みました!当初は昨年満喫仕切れなかった銅鑼灣ステイを目論んでおりましたが、夫の香港ステイの希望が九龍サイドのほうが多かったので、九龍サイドステイに変更。
今回は夫が一緒だし、久々の真夏香港滞在だし、私が疲れるからストレスのない、それなりのホテルを探そう!!と思って見つけたのが【イートン香港ホテル】でした。
イートンはもちろん前から知ってるホテルですが、実は今回とても安く泊まれました!!1泊1部屋11,000円くらいだったんですよー。この値段なら選ぶでしょ?イートンだし!

【イートン香港ホテル】は1990年に開業したホテル。以前は日本からのパッケージツアーでよく利用されていました。ホテル内にはミシュランを獲得した『逸東軒』という広東料理店が入っています。
宿泊客もバラエティに富んでいて、どちらかというと欧米人が多かった印象。有名なホテルでありながら、現在は地下とGFには飲食店が入り、GFにあるレセプションもとても簡素なものに。客室行きのエレベーターは外にあるのよw
そして従業員スタッフの制服は「Human」と書かれたTシャツなのです。昨年リノベーションされたと聞いたけど、なんか全体的にカジュアルな雰囲気になった感じ!
3人部屋やコネクティングルームもあるので、ファミリーで行かれる人にはオススメします。

地下はフードコートになっていて、日本のココ壱番屋もありました。
私はこの「靠得住」に行きたかったな。湾仔で有名なお粥やさんです。フードコートスタイルだけど、わざわざ湾仔まで行かなくても佐敦で食べられます!

フードコートのラインナップ。檀島もあるからエッグタルトも食べられるんじゃないかな?
GFには一風堂がありましたよw

今回、宿泊したのはスタジオキャビンというお部屋。リノベして木製を基調としたお部屋が出来たみたいです。お部屋は18階でした。

ルームキーのデザインに女王陛下~!!!今まで見たルームキーの中で、一番かっこいい!客室にはもちろんカードがないと行けないどころか、エレベーターも乗れませんのであしからず。

シングルベッド2つのお部屋にしました。


カーテンではなく、棚を閉めるような引き戸。夜が明けても気づかないのはいやなので、片面だけ開けて寝ました。

お部屋はこじんまりな感じでしたが、リノベしたてだからかとても綺麗。

バスルーム入ってトイレが遠いwww。手前が洗面台、奥がお風呂。バスタブあるホテルが久し振りかもww

アメニティは最低限のみ。言えばもらえると思います。ドライヤーは壁に設置されてました。

ボディソープとリンスインシャンプーのみ。シャワーの圧もGOOD!
水周りはリノベーションしたけど完璧ではない感。でも不快さはない・・・そんな感じ。掃除は行き届いています。

全然使わなかったけど、咖啡と紅茶がありました。

ミネラルウォーターはペットボトルではなく、瓶のものがありました。これお洒落!!!!

エアコン調整のボタンが壁にあるだけで、スイッチもなければ清掃のタグもない!すべてベッドサイドのこちらで操作するようになってます。エアコンオフに出来るのはありがたい!オフにしても涼しかったけどねww

【イートン香港】のメリット

①公共交通網を利用しやすい
MTR佐敦駅は近いし、逆にちょっと歩けば油麻地駅もあります。ホテル前にバス停がたくさんあるので、尖沙咀や尖沙咀スターフェリー乗り場、逆の油麻地、旺角方面に行くのにちょっとバスを利用するのもよし!
またこの並びにネイザンホテルやノボテルホテルなど多数のホテルがあるため、エアポートバスの停留所も目の前。
AEL(エアポートエクスプレス)を利用するならば、九龍駅からAEL無料シャトルバスが出ています。K1を利用してね。ホテル内じゃなく、ホテル裏のセブン前が停留所です。

②近隣に飲食店が多い
ホテル内にも多く飲食店があるほか、ホテル裏にすぐセブンイレブンがあったり、香港のファミレス「翠華」もある。彌敦道を渡れば男人街があり、その界隈にも飲食店が多い!!!!食べることには全く困りません!!あ、スーパーも近くにありますよ。


とにかく立地が良かった~!久し振りにこういう中心地に泊まったのですが、やっぱり中心地は便利だわ(笑)。
今回の私たちの目的地は多くが九龍サイドとランタオ島、新界だったので、こっちサイドに泊まって移動しやすかったし、ほとんど繁華街に出なかったのだけどバス2駅くらいですぐ尖沙咀に出れてしまう距離(暑くなければ十分徒歩圏内)。
真夏の香港はやはり暑くてバテそうでしたが、無理な移動がなかったのでなんとか身体が持ちました~www。

彌敦道沿いに宿泊したのはもうかなり久し振りというか、20年以上ぶりじゃないかな?
一人旅とは行動範囲が違ったので、いろんな意味でここにして良かったと思います。そして意外と安いので、一人旅する人にもオススメしたいなぁと思いました。
私がまた一人旅で泊まるのもありだな・・・・。

れんれん
れんれん

ウンチク失敗談~終わりよければすべて良しの巻~

実は空港からホテルまでバスで行くのに乗るバスの番号を間違えてしまったのです~。
A21(紅磡行き)のバス→彌敦酒店下車だったのだけど、間違えてA22(藍田行き)に乗っちゃって!!!
メモに「A22(紅磡行き)に乗る」って書いてあるんだもんw 紅磡行きは当たってたけど番号が間違えてるwww
で、出発して気づいちゃってどうしようか・・・途中で乗り換えるか?と慌てたのですが、間違えて乗ったA22バスだと6番目の「志和街」で下車したら佐敦駅付近で降りられることが判明。そして裏道歩けばホテルまですぐなことも判明。
なんだよー!結果オーライじゃーん!!!
しかも、空港からのルートが少し違うのでA21よりも早くホテルまで行くことが行けることが判明しちゃいました!
A21は旺角から彌敦道を南下するので11個くらい停留所があったのだけど、A22は青衣から昂船洲のハイウェイを通って奥運までサクっと行くから停留所6個。すっごく早かったの。
ということで、ミスったけど結果オーライでしたー!佐敦エリアに宿泊される人、参考にしてくださいませ!!

■A21(紅磡行き)のルート
mobile.nwstbus.com.hk/nwp3/?f=1&ds=A21–Hung_Hom_Station&l=0

■A22(藍田行き)のルート
mobile.nwstbus.com.hk/nwp3/?f=1&ds=A22–Lam_Tin_Station&l=0


【イートン香港(Eaton HK/逸東酒店)】
住所:九龍佐敦彌敦道380號
(380 Nathan Road, Jordan, Kowloon)
チェックイン:15:00
チェックアウト:12:00
公式サイト:http://eaton-hong-kong.top-hotels-hong-kong.com/ja/
無料WIFI→客室に入れば繋がるのでメアド登録してログインする