今、香港で起こっているデモについて

普段、私のブログでは政治的なお話は避けておりますが、今回のデモに関しては日本でも大きく報道されていて不安を感じている人も多いのではないでしょうか。
近々香港を旅行する方々よりいくつか質問をいただいたり(日本人のみならずインド人からも)、昨日、姑さんに「来月旅行に行く」という話をしたら「まさか香港じゃないでしょ?今は危ないわよ」と言わたり・・・。日本のメディアでは暴動のシーンが放送されて、あれだけ観ていたら香港って怖い?と誤解すると思います。
連日SNSでデモ情報にかぶりついている私としては・・・皆さんが思っているほど危険ではないと感じています。いろいろ悩んだのですが正しい香港の現状を伝える意味も込めて、今日は今の香港についてお話したいと思います。
楽しい香港は知っているけど、香港が置かれている状況は詳しく分からない人も多いと思いますので、この機会に是非知っていただきたいです。
そして、夏に香港渡航を予定されている方、参考にしていただけたら幸いです。

まず、今香港で起きているデモは何なのか?
今回のデモに行きつくまでの大まかな背景をまとめたサイトがありますのでご参考にしてみてください。

【解説】 なぜ香港でデモが? 知っておくべき背景
香港で続いている抗議活動は表面上、「逃亡犯条例」の改正案に反対するものだ。しかし何が起きているのかを知るには、数々の重要な、中には数十年前に端を発する文脈を見ていく必要がある。

今回の発端となった「逃亡犯条例改定案」とは何か?

「逃亡犯条例」改正案とは 「一国二制度」事実上崩壊の懸念
香港政府が進める「逃亡犯条例」改正案に対する反対運動が激化している。条例改正案はどういったもので、なぜ反対の声が広がっているのか。(三塚聖平)Q「逃亡犯条例」改…

<6月に入ってからの流れ>

6月4日 天安門事件の追悼集会が開催されました。こちらはデモではなく集会。参加者の方々は天安門事件で亡くなった方々へ祈りを捧げた集会で毎年開催されています。参加者は過去最大の18万人と言われています。

6月9日 逃亡犯条例改正案に対する大規模デモが行われました。香港で過去最大と言われる103万人がデモに参加(香港の人口は約700万人)。

6月12日 デモ隊を鎮圧するために警官隊によって催涙弾やゴム弾が発射され、多くの怪我人が出ました。

6月15日 香港行政長官キャリー・ラム氏により、逃亡犯条例改正案の延期が発表されました。また、逃亡犯条例改正に抗議した男性が1人亡くなるという悲しい事故が起こりました。

6月16日 当初より予定していた大規模デモが開催。逃亡犯条例改正案の撤回とラム行政長官の辞任を求める香港市民が多く参加し、現時点(6/16夜)で200万人近い参加と聞いています。

<今の香港は旅行に行っても大丈夫なのか?>

いただいた質問、皆さんにもシェア致します。

Q.デモが怖いので香港旅行の予定を躊躇しています。大丈夫でしょうか?

A.デモが開催されているのは主に金鐘にある立法會(日本で言う国会)付近なので、そこを避ければ安全です。香港全体がニュースで報道されているような状況ではありません。普通に生活している方々も大勢います。
(デモの規模によっては隣の中環、湾仔、銅鑼灣まで混雑が予定されますので避けてください)

Q.デモ隊と遭遇したらどうしたらいいですか?怖いです。

A.香港のデモ隊は香港市民です。観光客や同じ香港市民に危害を加えることはありません。また彼らは武器を持っていません。紳士的な抗議活動を行っている人が大半です。

Q.催涙弾が飛んできたらどうしたらいいですか?

A.まずあなたがデモ隊の最前線にいない限り、その可能性はゼロに近いので安心してください。普通の観光客がその最前線に行くこと自体もほぼあり得ません。

Q.香港島に行かないほうがいいでしょうか?

A.金鐘を避ければ問題ありませんが、不安であれば九龍サイドで観光されるといいと思います。

Q.デモを見に行こうと思いますが大丈夫ですか?

A.興味本位での見学は避けてください。MTRやバス、トラムなど交通機関が通常通り運行していない可能性があります。また警官に職質を受けることもあります。安全な地域で過ごしてください。

Q.今の状況の香港へ行くとしたら、持っていったほうがいいものはありますか?

A.特にありません。デモが行われている場所に近づかなければ何も必要ありません。

あくまでも個人的な意見ですがご参考までに。
日本でこのような大きなデモが開催されることがあまりなく、デモ=怖いというイメージがある人が多いと思います。欧米だと市民が暴徒化するという映像もよく見かけますが、そういったデモとは違います。参加している香港市民は危険ではありません。暴徒化しません。香港全体があのようなデモ活動が行われているわけではありません。
現時点では逃亡犯条例改正案の延期と伝えられていますが、今後もデモが継続される可能性があります。香港渡航を予定されている方は外務省や在香港日本領事館の注意喚起などをチェックしておくと良いと思います。
また、リアルタイムな情報はTwitter、FacebookなどのSNSが情報収集にはぴったりだと思います。

外務省 海外安全ホームページ
海外に渡航・滞在される方々が自分自身で安全を確保していただくための参考情報を公開しております。
在香港日本国総領事館

香港は私の第二の故郷とも言える街。大好きな街です。
これだけの市民が一致団結して、自分たちの未来のために戦う姿に私は敬意を表します。
だから香港が好き、香港人が好き。
香港の人たちが幸せな未来を築けますよう。

Kaori
Kaori

ごめんなさい、連日の報道でモヤモヤした気持ちが晴れず、Youtubeのアップを少し延期させてください。

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
Kaori Sumidaをフォローする
香港ウンチク話