香港で修行した若き日本人シェフの広東料理~サエキ飯店@目黒

ここのところ、また都内に香港飲食店オープンのニュースを耳にします。
(香港で私房菜をオープンしているChoychoy Kitchenさんが東京上陸とか)
広東グルメに長けたお友達に誘われて伺ったのが4月3日に目黒にオープンしたばかりの【サエキ飯店】さんでした。

オーナーシェフのサエキさんは日本の広東料理店で修行したのち、ワーキングホリデーで香港へ渡航。あの鳳城酒樓でも修行されたそうです。
若きシェフが作る広東料理、どんなのかな?すごくすごくすごーく楽しみにしていました。

恵比寿と目黒の中間くらいにあるお店。店構えはお洒落で広東料理店とは想像が付かないかもしれませんね。

ちょうど、私たちが訪問した前の日に香港から届いたという香港クラフトビール【Lion Rock】。4種類全部ありますよ!とのことで全部いただいてみました!
【Lion Rock】は昨年夏にクラフトビアマーケットさんで限定販売していましたね。

「追求」というビールが私好みでした!!!これ香港で見たことなかったです。

当日のお料理はおまかせコースです。おまかせなので何が出てくるのかお楽しみ。その時々によってメニューが若干異なるようです。それもまた楽しいですよね。
今回、広東料理に詳しいお友達が広東語メニューを想像で広東語で書いて、サエキさんに手直ししていただきました。その広東語メニュー名も入れておきますね。

前菜で出てきた1品目がこちら。『醉鶏(鶏の紹興酒蒸し)』。いやいや、これすっごくシットリしていて美味しいです。ここまで柔らかくて口当たりがよいもの、香港でもなかなか食べられない気がします。よーく見ると、頭付きですよーww


前菜2品目は『白雲豬手(豚足の冷製)』。しっかり冷えていて酸味のある豚足です。これ好きなんだよねー。

うわー!!大好物!!!『蝦多士(エビトースト)』は広東料理の中の順徳料理のひとつですが、台湾や東南アジアでも食べられるようですね。
実は長崎にも同じ郷土料理があって、その名も「ハトシ」。『蝦多士』は広東語でハードーシと読みます。広東省から長崎に来た料理なんですね~。歴史が深い!あ、『蝦多士』は海老プリップリで美味しかったです!!!


こちらは皆さんがよくご存知のお料理をアレンジされたもの。大根餅を揚げた『脆炸蘿蔔糕』です。外はサクサク、中はモッチリとしていて美味しかった。このアレンジは「正」ですね。
お塩を付けて食べてくださいねと出していただきましたが、私はこのままいただきました。

こちらのお料理は私、初めていただきました。『胡椒鹹菜豚肚』とい料理でカットした豚モツと大豆を煮込んでたっぷりの胡椒を入れたスープ。本当に胡椒がしっかり効いていて美味しいんです。広東料理の中の潮州料理の一品のようです。私、潮州料理大好きなのですがこれは知らなかったー。でも一口食べて大好きになりました!モツの臭みも一切ないし、モツ苦手な人でも絶対美味しいと思うはず!


うきゃー!大好きな『鹹魚魷魚蒸肉餠』、ハムユー蒸しハンバーグです。あぁ、これが出てきたらもう全員白飯オーダーです(笑)。ちょっとしょっぱいハムユー、イカのコリコリとした食感もよくて、そしてこのタレが白飯に合う~。


『蒜子冬菇斑腩煲』はハタの土鍋煮込み。ガーリックが効いていてこれまた白飯に乗せたくなる一品。


『上湯浸粉絲菜花』は菜の花の春雨のスープ。芥蘭の換わりに今が旬の菜の花を使われるのもいいですね。上湯も上品な味。濃い味のお料理が続いたのでこういうさっぱり味に体が喜ぶ。春雨にもしっかり味が染みてて美味しかったです。

と、ここでコース料理はおしまい。もう少しお腹に入りそうだったのでアラカルトで追加しました。


じゃじゃじゃーん!ハトですー!!『豉油皇乳鴿』がまさか日本で東京で美味しく味わえるとは思いませんでした!!!オーダーしてからちょっとお時間いただきますよと言われましたが、待つことなんて全く苦ではありませんww 出来立ての『豉油皇乳鴿』をわざわざ写真を撮るためにテーブルに出してくださいました。5分置いてから食べやすくカットしていただきました。


この姿だとグロテスクじゃないですね(笑)。この『豉油皇乳鴿』ですが、私史上この上ない美味しさのハト料理でした!!肉付きもいいので食べ応えあるし、血が滴るような調理具合が絶妙というか、昨秋に香港で久しぶり食べたハトが一瞬で霞んでしまったくらい!あのハトはなんだったんだ?ってくらい!それくらい大満足の一品でした。待った甲斐があったなー。

追加のもう一品は『蝦醤蒸頸肉粉絲』。豚首肉の海老ペースト炒め。下に春雨がしいてあって、汁をたっぷり吸い込んでいるので春雨も絶品!!!蝦醤って買ってきてもなかなか上手に料理作れないので最近は遠慮していたのですが、次に行ったら久しぶりに蝦醤買ってこようと思いました。

せっかくなので、追加でオーダーしたデザート2種盛りは『花彫雪糕・椰汁豆腐』。紹興酒のアイスクリーム(左)とココナッツプリン(右)。『花彫雪糕』がツボ過ぎました!昨年、赤坂璃宮さんでいただいた紹興酒プリンもすごく美味しかった。紹興酒ってデザートにあうんだなぁ~。

【サエキ飯店】さんはワインがとても充実しています。中でもオレンジワインと言われるジョージアワイン(旧グルジア)がとても豊富。初オレンジワインでしたが美味しかった~。

上でご紹介した『Lion Rock』ビールは常に置いてあるメニューではないようですが、香港クラフトビールならこちらの『鬼佬(gweilo)』のアメリカンIPAが常時置いてあるようです。

たらふく食べて飲んで全員大満足して帰宅いたしました。

サエキシェフと記念撮影していただきました。若きオーナーシェフですが腕は間違いない。お料理自体も基本を生かした広東料理という感じで大げさなアレンジもなく、シンプルで、非常に好感が持てました。
なんとなくお料理にサエキシェフのまじめなお人柄が出ているような気がしました。

先週日曜日に伺ってSNSでちょこっと公開したら、予約の電話した友人が「もう4月は予約でいっぱいだって!!」と残念がっておりました。
お店自体も10席くらいですし、サエキシェフお1人でやっています。予約は必須のお店です。予約が取れるのが少し先になっても待つ価値のあるお店です。
関東在住の日本人はもちろんですが、香港人の皆様にも是非ご紹介したいです!

【サエキ飯店】
住所:東京都目黒区三田2-10-30 荒井ビル1F
電話番号:03-6303-4735
営業時間:18:00~24:00 ディナー営業のみ
定休日:不定休
最寄り駅:JR恵比寿駅より徒歩13分、目黒駅より徒歩8分
*現時点ではお料理は5,500円のコースのみ(別途注文可能)、6名以上の貸しきりのみ(8,000円~)だそうです*